ぺニス増大サプリに関しては、広告の多い少ないのみだけでは本当に効果が期待できるのかを、判断するのは難しいと言えるのではないでしょうか。
広告が少なくない商品でも高い効果が期待できるのもありますし、逆のことも言えると思います。
ただ、広告が多い会社は効果が高いではないのかと言う推定が働くのではないでしょうか。
ぺニス増大サプリをつくるだけでもかなりのお金がかかります。
原材料・生産工場・人件費など、数千万場合によっては数億以上のお金が必要になります。
そこでさらに広告をうつのに、数百万場合によっては数億円以上のお金を必要とします。
それらのお金はどこから来ているのかを考えてみます。
それは、商品が売れることにより会社が利益を出していると考えられます。
商品が売れていると言うのは、実際に商品を使った人が、効果が出ているからだと思われます。
今の時代、インターネットが発達しているので、効果が無かった場合はインターネット上で悪い口コミが広まってしまいます。
例えば、「この商品は全然効果がなかった、買うだけ無駄・他のA商品の方が2倍に効き目がある」など。
したがって、広告が多いぺニス増大サプリは効果が高い確率が高いと言えるのではないでしょうか。